メルカリの受け取り評価がされない、遅い、放置されているときは催促すべき?受け取り評価をしない理由は?

今回はメルカリの受け取り評価がされない場合に催促すべきかどうかや、受け取り評価をしない購入者の理由などについて解説します。

メルカリの受け取り評価がされない、遅い、放置されているときは催促すべき?

購入者が受け取り評価をしてくれないとき、催促するかどうかは状況や相手によって変えるのが無難です。

受け取り評価をしなくとも期限がきたら取引は完了する

まず前提として、受け取り評価をしなくとも期限がきたら取引は完了します。

そのため購入者が受け取り評価をしなくとも、期限が来たら取引完了となり、売上金も入ってきます。その点は安心といえます。

受け取り評価の期限ですが、公式ガイドには以下のように明記されています。

まずは取引メッセージで購入者に「商品の到着」をご確認ください。

その後も購入者による対応がない場合、以下の日時を経過すると、自動的に取引が完了します。

発送通知をした9日後の13時

また、取引画面に評価を依頼するためのフォームが表示された場合は、そちらからご連絡いただくことも可能です。

専用フォームは以下の条件を満たした際に表示されます。

発送通知をした8日後13時以降
購入者の最後の取引メッセージから3日後13時以降

万一、条件を満たしても専用フォームが表示されない場合は、事務局が取引状況を確認いたします。

お手数ですが、お問い合わせフォームから商品IDをお書き添えのうえ、ご連絡ください。

受取評価をしてくれない – メルカリ

要点をまとめると……

・発送通知をした8日後13時以降、もしくは購入者の最後の取引メッセージから3日後13時以降になると、専用フォームが表示される
・発送通知をした9日後13時が期限(期限を過ぎると自動的に取引が完了)

という風になっています。

ただ、もっと早めに受け取り評価を行って欲しい(催促したい)場合もあるかと思います。

相手の過去の評価を確認する

まずは相手の過去の評価を確認してみましょう。

受け取り評価をなかなかしない方は、「普通」「悪い」の評価が目立つ場合が多く、過去にも「メッセージがなくて不安な取り引きだった」とか「受け取り評価をなかなかしてくれない」とか似たような事例があるはずです。

先に書いた通り、メルカリでは受け取り評価をしなくとも期限が来れば強制的に取引は完了します。

つまり受け取り評価をする気がなくとも取引は可能なわけで、購入者の中には稀に最初から評価をする気のない方もいるようです。そういう方に受け取り評価を督促してもあまり効果はないと考えられます。

そういう方の場合は関わり合いを持っても精神を消耗するだけという観点から、特に催促せず、放置していたほうが賢明かもしれません。なお、取引完了後のブロックは忘れずに。

【関連記事】
メルカリでブロックする方法(やり方)と解除の方法。ブロックしたら(されたら)どうなる?

他の原因を考えてみる

相手の過去の評価を見ても特に問題がない場合、別の理由が考えられます。

よくあるのは、本人の留守中などに家にいる別の方が商品を受け取っていた場合です。

私も購入者側で一度、取引画面上は配達済みになっているのに、荷物がなかったことがありました。

家族に聞いても分からず運送会社の配送ミスだと思っていたのですが、数日後同居している祖父がもっていたことが判明し、出品者に謝りのコメントを送ったことがあります。

こういうケースもあるので、相手の過去の評価を見ても特に問題がないときは、催促してみるのもアリです。

とはいえ、購入者に落ち度がある場合でもガンガン催促されたら、意見の行き違いから逆恨みで「普通」「悪い」の評価を付けられてしまうことも考えられます。

それを避けるためにも「ご自宅に荷物は届いているようですが、お手元にはまだ届いていないでしょうか?」程度のコメントを一度入れ、どうして受け取り評価をしないのか確認してみる程度が無難でしょう。

購入者が受け取り評価をしない理由は?

購入者が受け取り評価をしない理由は様々です。

よくあるパターンをいくつか紹介していきます。

そもそも受け取り評価を理解していない

初めてメルカリをする方に多いのが、受け取り評価を理解していないパターンです。

Amazonや楽天市場で商品を購入した場合は評価などを書かなくとも商品が手元に届いた時点で取り引きが完了しますので、そのイメージで受け取り評価自体をしなくてもいいと思っているケースがあります。

相手も悪気があるわけではないので、取引経験のない方にはやんわりと教えてあげましょう。

受け取り評価を忘れている

取引を頻繁にしている方に多いのが、受け取り評価を忘れているというパターンです。

メルカリのやることリストには残っているものの他の取引に埋もれてしまい、受け取り評価をし忘れていたりします。

また、普段メルカリをあまりしない方の場合も、やることリストをそもそも見ることがなく、通知をみたあとに忘れてしまうパターンもあります。

別の方が受け取った

先ほども紹介しましたが、仕事中や外出中に別の方が商品を受け取って、そのまま本人に渡していない場合があります。

発送の確認を頻繁にする方ならすぐ気づきますが、商品が手元に届くまで取引画面を見ない方もいます。そういう場合に受け取り評価が遅れてしまいます。

もともと受け取り評価をする気がない

ごく少数ですが、元々受け取り評価をする気がない方もいます。

中には今までの取引対応の評判が悪く、これ以上「悪い」の評価がつかないように受け取り評価をしない場合もあるようです。

メルカリ事務局が間に入って取引完了した場合は評価をつけることができませんので、それを悪用した方法だといえます。

とはいえ、短期間に「受け取り評価をしない」ということを繰り返すと、ペナルティの対象になるという話もあります(ペナルティの基準は公開されていませんので、断定はできませんが……)。

スマホが壊れた

スマホやパソコンが壊れて連絡が取れない(メルカリを起動できない)パターンもあります。

実際、私の出品している別の商品に「〇〇を購入した□□の妻です」という内容で、本人がメルカリを出来ない旨の連絡をもらったことがあります。

受け取り評価が遅い購入者の評価はどうする?

受け取り評価が遅かった場合に、評価をどうつけるかは相手の理由次第ともいえます。

私の考えとしては、受け取り評価が遅くなった理由が明確・正当で、(相手に落ち度がある場合などに)謝罪もあったなら、「良い」評価をつけて問題ないと思います。

あまりに自分勝手な理由だった場合などは、「普通」「悪い」評価を付けるのも致し方なしというケースもあるでしょう(逆恨みされる可能性もありますが……)。

いずれにせよ、付けた評価は誰でも見ることができますし、他の方が参考になるよう、適切な評価を付けるよう心掛けていきたいところです。

以上、「メルカリの受け取り評価がされない、遅い、放置されているときは催促すべき? 受け取り評価をしない理由は?」でした。

少しでも参考になれば幸いです。

【関連記事】
メルカリの受け取り評価とは。受け取り評価のやり方。受け取り評価に期限はある?